医療レーザー治療器の特徴

美容皮膚科で使用される医療レーザー治療器には様々なものがあり、身体の部位や目的などによって使い分けられています。ここでは、医療レーザー治療器の種類と特徴について、ご説明します。

炭酸ガスレーザーは、主にホクロやイボなどの除去に使用されます。ホクロやイボに照射すると一瞬のうちに気化蒸散させます。一般的なシミやあざはもちろん、従来ではレーザー治療は向かないとされてきたシミにも対応できるヤグレーザーは、真皮まで届く波長と表皮のメラニン色素に有効的な半波長の2つの波長を、必要に応じて切り替えながら、治療をしていきます。傷跡を残さずメラニン色素のみを安全に治療するスイッチルビーレーザーは、周辺組織へのダメージを最小限に抑えてメラニン色素を破壊します。シミやあざ、タトゥーの除去に効果的です。皮膚表面を冷却しながらRF波という高エネルギーを与える事でコラーゲン組織の生成や増殖、たるみの改善や引き締める効果のあるサーマクールは痛みが少なく、効果も高い事で知られています。

この他にも様々な種類の医療レーザー治療器があり、日々新しいものが次々に開発されています。自分の症状や治したい部位に合わせて、最適な方法で効果的に治療を行う為にも、事前に行われるカウンセリングをしっかり受けましょう。

医療レーザー治療器の特徴